危険過ぎた本。

b0016168_2330338.jpg





帰りの新幹線内で読んでいた
『星守る犬』
冗談抜きで、嗚咽するほど号泣してしまい
相方さん、高城の様子に気付いて爆笑
あんた、鬼やな

あかんあかんよ絶対あかん
あかんすぎるわ
こんな本外で読んで
泣けへんわけがない
動物モノというか、複合的なので余計辛い

で、この直後、右目が三重になり
目を拭き過ぎた跡が紅斑のようになり
ハナかみ過ぎて皮がめくれるという
数日後まで顔中が痛いことに‥‥

そうよ、小学生の頃の顔になってたのは
疲れたからだけやあらへん
新幹線で泣きまくったからや
しかももう、思い出し泣きまでするわ
表紙見ても泣けるわで
色々とあかんのですよ

というわけで
ぜひとも読んでいただきたい
特に犬を飼っているひとと
飼っていたひと

みなさん
いっしょにはなのかわ
めくれましょうよ
by electric-prophet | 2010-01-05 23:30 | 日々好日 | Comments(0)

______________


by electric-prophet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ASPアクセス解析