今晩も夏の夜が来る。



b0016168_23218100.jpg



ここのところ暑くて、寝るときに扇風機を付けて
氷枕を使っている
だいたい朝から身体がダルイ

セイウチは別室でエアコンを付けて寝ている
同じく朝からダルそうだ

疲れが取れない日が続くと
どうもしんどさを引きずって過ごしてしまう
でも食欲はあるし、食べないと元気も出ないので
毎日よく食べる
食事は燃料の補給であるからだ
(でも燃費が悪い)


食に対する神経質さを持つひとは
それは偏食にしろ
体調に関係しない食欲のなさにしろ
そのひとの性質というか、難しさみたいなものを
現していることが多い気がする
そのひとの育って来た環境や家族関係にも
起因しているかも知れない
これまで、わりと何でも食べるよ、というひととは
付き合いやすかった気がする

そう言うわたしも好き嫌いが激しい子どもであった
食べられないものが多いし
そもそも食事がそんなに好きではなかった
給食なんて地獄の時間であった
野菜は嫌いだし、魚介類は食べられないし
だいたいこんなに量いらん
なのに食えと言われる不条理さ
副菜で出て来るちりめんじゃことワカメときゅうりの酢の物とか
何コレ、メダカの稚魚の死骸に似てるし
目を見開いていて気持ち悪い
そもそもなんで酢のもんにみかんの缶詰入れてんねん
酸っぱいのに甘いとか味覚壊れてるんちゃうの
とゲロゲロ思いつつ、何の楽しみも得ることなく
苦行に思える飲み込みをしていたのに
今では「しらす? どんぶり一杯持って来い!!」
という変わりよう
(あの酢の物は好きになれないがね)
成長過程において、何故か自力で、もしくは自然に
好き嫌いをなくしてきたのだった
そうして今では、立派に
燃費の悪いほど食に執着のある人間になった

あの、偏食で少食のままだったら、不健康と言えど
痩せていたかも知れないのになあ
でもやっぱりそれも嫌やな
まあ、趣味や嗜好はひとの勝手だし
付き合いやすさなんてなくとも
それを補って余りあるぐらい面白味のあるひとも
きっとたくさんいるのだろう



**


化粧水を切らしてしまった
欲しい化粧水はあるが、高いので
相方さん用にドラッグストアで何気なく買ってやった
500、600円ぐらいの化粧水を使ってみた
特に問題も起きていないので、使い続けている

ふとGoogleさんで検索してみると
坂井さんのブログにヒットして
浜さんが長年愛用している品だということがわかった
特に心躍る情報ではなかった
でも妙に頭に残る情報であった

この製品の仲間の
「奥さま用」と書かれたものが気になっている
トラックバックURL : https://aoisana.exblog.jp/tb/13545944
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by beloved365 at 2010-07-05 10:42
あーわかるなー。
私は二十歳過ぎた頃から好みのタイプは?と聞かれたら
「好き嫌いがなくなんでもよく食べる人」
って答えるようになってた。ちなみに今もそう。

そして私も給食タイム恐怖症でした(今はなんでもおいしくいただきます!)。
今は四人の子供たちのお弁当作りから解放され…給食様々です。
Commented by electric-prophet at 2010-07-10 22:23
365さん
確かにお弁当作りを毎日、しかも
4人分(!)する立場なら
給食様さまになりますわなw
お疲れさまです
子どもの頃は恐怖だった給食も
今考えれば、手作りで栄養面も考えられた
しかもわりと美味しい、さらに安い
いいもんだったなあとしみじみ思います

好き嫌いがなくて、食べっぷりがいいひとは
男も女もわかりやすさがある気がしますね
わかりやすいのだけがいいことではないですが
対人面で言えばいいことかも知れません
自分にも、相手にも

*青*
by electric-prophet | 2010-07-04 00:06 | 日々好日 | Trackback | Comments(2)

______________


by electric-prophet
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ASPアクセス解析