啓蟄のスペイン。


『海を飛ぶ夢』
始まって1時間は経った頃に
何となく見出してしまったのだけど
すごく良かった
これはかなり好みの映画かも知れない
テーマは重いけど、映像が美しいし
役者さんも良かった
主演のハビエル・バルデムが
30代半ばの頃の作品であるということに驚く
50代後半ぐらいにしか見えない
目に力があるので
思ったより若いのかなと感じたけど
30代か!
ちょこっと調べると、彼は
ペネロペ・クルスと結婚している
ペネロペさんというと高城は
『オープン・ユア・アイズ』が印象的で
これもまたタイトルも知らず夜中に観て
可愛いおんなのこやわあ、もしかしてペネロペさん?
映画面白いわあと
何年も前に思ったのであった
ちなみにその後のリメイク『バニラ・スカイ』でも
同じ役で出てらっしゃる
でもわたしは『オープン・ユア・アイズ』の方が好きだ
それで、ほうほう、『オープン・ユア・アイズ』ねと
情報を見てみると、監督が
アレハンドロ・アメナーバル氏
主演同様絶対一回で覚えられへん名前だが
『海を飛ぶ夢』と同じ監督さんだった
こりゃやっぱり好みなのかも知れぬ
見ると、自分の監督した映画で使われている曲は
ほとんど自身で作曲すると書かれている
えええええ すげーな、おい! と思っていたら
『海を飛ぶ夢』を撮ったのは31、2歳の頃らしい
すげーな、おいって「おい」とか言えないだろって思う
色々Wikipediaに教えてもらった

これは『アレクサンドリア』観に行かなあかんな
ちょっと今までと違う感じの作品だけど
面白そうだし

あ、だから前作品を夜中にやってたわけですね
by electric-prophet | 2011-03-06 04:51 | 日々好日 | Comments(0)

______________


by electric-prophet
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ASPアクセス解析