火の用心。


b0016168_2318351.jpg




火の用心 の声が回って来た

今は町内会とは関係がない生活なので
集まりに出ることもないんだけど
実家では町内会やら神社のことやら
その他もろもろたくさん
父母は地域の集まりや清掃などの
賃金が発生しない仕事や用事に
よく出かけているのだった


昨年の父の突然の手術、入院と
今年は母の入院、手術があった
おかげさまで今日常健やかに
暮らせていることがありがたい

今年の夏頃、すんごい暑いなか
セイウチが父の代わりに
公園に提灯台? みたいな土台を
打ち込みに行ってくれたことがある
力仕事なので非常に助かった
知らないひとの中で話したりすることが
苦手なタイプなので
もしかしたら少し困ったかも知れない
しかも彼の知らない、
けれど高城の地元の方々なので
結構気を遣ったのではないか

地域で根付いて住むということは
こういうことを含んでいて
たぶんとても面倒臭いことだ
役目が増えるということだ
田舎暮らしのあたたかみや
ひとの繋がりという
良さげな部分はよく取り上げられるが
実は人間関係が狭かったりややこしかったり
息苦しいことも多かろう
でもいいことはもちろんあって
自分たちが困ると
いち早く助けてくれることも多い
何でもそうだけど
礼や義理を欠かなければ
お互いさまの精神が
はっきりと息づいている

どっちがいいとかそういうことでなく
火の用心の声でそんなことを思った

寒い中お疲れさまです
うちも火の始末、ちゃんとして
フルーツ食べて薬飲んで寝ます

明日は荷造りしなきゃ、だなぁ
(そうじは年が明けてからです)
by electric-prophet | 2012-12-29 23:32 | 日々好日 | Comments(0)

______________


by electric-prophet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ASPアクセス解析