オー! ミス チェリーブロッサム=ピーチ チャイルド!!




b0016168_19250125.jpg



25年以上ぶり? に書店に行ってりぼんを買った
当たり前だけど、知らない漫画家さんばかりになっている
それからこんな紙質だったかな、などと思った
漫画雑誌を毎月もしくは隔週買っていたのは昔のことで
こどもの頃から
りぼん、なかよし、花とゆめ、サスペリア
あと怖いぶっとい雑誌を好んで買っていた

わたしはなかよしよりもりぼん派だった
年代的に、ちびまる子ちゃん全盛期に当たっており
(自分がまるちゃんと同じぐらいの学年のときに連載が始まったと思う)
1作目から本誌で読んでいて、コミックスも楽しみに買っていた
しかし2巻のカバーだけ行方不明なんだけど、あれどこにいったんかな

ちびまる子ちゃんは、大人のひとがかいているのに
その頃の小学3年生の自分がびっくりするほど感情移入できた
まさにそのまま、笑うところも泣くところも小学生のそれだった
自分がこどもでなくなってから、何度もそのことを思って
何度も驚いてしまう
そして大人になっているのにまだ面白いんだ
そう言えば、おかあさんにハンカチをプレゼントする話があって
まるちゃんがハンカチを投げて泣くんだけど
投げるに至るいくつかのコマを読んで
胸が苦しくなったことを覚えている
あのときも泣いたし、その後も思い出してしまう

年月が経っても、その頃の感情をつぶさになぞる力があるから
こういうものをかけるんだなと思った


中学生になり、その頃ものすごい話題になったエッセイ本は
おこづかいで買えないためクラスメイトに借りた
試験前に読んでいると怒られるので
勉強の合間の仮眠ということにして、居間のこたつにもぐり
(自室に暖房器具がなくて寒かったから)
懐中電灯で照らして読んだのだった
とにかくめちゃくちゃ面白くて笑いが止まらなかった
エッセイって面白いなあ、こんなんかいてもええんやな
そう思ったひとは多かったんじゃないだろうか


りぼんを買ったらまず、岡田あーみんとさくらももこから読む
毎月発売日をすごく楽しみにしていた
今もコミックスは本棚にあって
思い出すエピソードや絵、セリフやことばが尽きることがない
こどもの頃から面白いものを読んだり見たり聞いたりできるのは
本当にしあわせなことだな


タイトルは花輪くんのセリフです
あの高級チョコ、昔も今も食べたくてしかたないよ
あと、いとこんも豚と牛のすきやきも
鍋のシメの雑炊も雪といちごの飴も …… 以下いろいろ



b0016168_19251753.jpg



















by electric-prophet | 2018-10-17 19:24 | 日々好日 | Comments(0)

______________


by electric-prophet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ASPアクセス解析