嬉しいことがあったので。


詩人の犬飼愛生さんの詩集『stork mark ストークマーク』が
第21回 小野十三郎賞 詩集部門を受賞しました



犬飼さんが賞を取りましたね
もともと詩人ですが、ほんとに詩人だなと思いました(何言ってんだ)
これは嬉しいニュースだった


嬉しいことがあったので。_b0016168_15093464.jpeg


いや、昔からこのブログを覗いて下さっている方には
けっこうお馴染みなひとなんですが
こんなに長いこと同じブログを続けていれば
始めた当時見てくれていたひとは
おそらくもうほとんどここにはいないと思われます

あの頃(15年ぐらい前)も彼女は詩を書いていたし
それよりずっと前から書いていたし
今も詩やエッセイを書いている
15年前とは環境も状況も変わったけれど
ずっと書き続けている

書き続けること、やり続けることとは、と考えることがある

それがすごいとか偉いとか言いたいのではなく
何だかやらざるを得ないような、またやっちゃうような
そういうところがあるよなあと思う
しんどいことも、たくさんあるんですがね

犬飼さん、ほんとに詩を書くことで生かされてるんだなと思う

昔、犬飼さんが「書くことをやめない」と言ったことがあって
本当にやめなかったから、現在とこうやって地続きになっているんだろう


白状すると、小野十三郎賞の存在を知らなかったので
(もっと言えば大阪文学学校もあまり馴染みがない)
「おの…………」
と止まっていたら、セイウチが
「“とおざぶろう”な」
と教えてくれました
(何の話をしているんだ)




















by electric-prophet | 2019-10-27 15:10 | Comments(0)

______________


by electric-prophet
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ASPアクセス解析