再録・しいたけ狩りのおもひで。


大学生の頃、どこかに遊びに行こうとデエトに誘われた
「どこがいい?」
と聞かれたので、う〜むと考え
「何かを狩りたい」
と答えた

真冬だった


雑誌で調べてまだ残っていたのが、白菜狩りとしいたけ狩り

白菜は、畑になっているのを、根元からさくっと切る
・・・・何か、一瞬で終わりそう

ということで、しいたけ

雪の降る山、登山客に混じって、
当時はまだ付き合っていなかった(痩せていた)相方さんと高城は
しいたけを狩りまくった

湿気充満する薄暗い温室
あれは千早赤阪村だったか
シイタケ臭充満する、むあっとした空間に2人きりで、
にょきにょき生えているしいたけを狩る!
狩る!!
狩る!!!

・・・・ロマンだ

交わされる会話と言えば
「おお!でかい!!ちょ、見て」
「本当だなあ」
「おお!きれい!!ちょ、見て」
「そうだなあ」


そこは量り売りだった
狩ったしいたけを持っていくと、レジにて値段を言い渡される
高城は3000円近かったと記憶している

・・・・3000円分のしいたけ・・・・

すごい量だ

人生でそんなにもしいたけを買う機会は滅多になかろう


(実家の高城はしいたけ消費量が多くすぐに無くなったが
 ひとり暮らしをしていた相方さんは後日
 「しいたけから汁出てきた」
 と言っていた)


狩ったしいたけは白い袋に入れられ、2人、怪しい物体を手にして
街をウロウロした

おかしな光景だ

薄いレジ袋
くっきりしいたけの群衆が浮かび上がっている

可愛いケーキを食べていても、傍らにはしいたけ
お洒落にお酒を飲んでいても、脇を見るとしいたけ


ああ、思い出のしいたけ!!


しいたけを見ると思い出す
真冬の金剛山、あの湿気
トラックバックURL : https://aoisana.exblog.jp/tb/3084205
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 唯美主義者 at 2005-07-08 12:54 x
アメリカの現代音楽の作曲家ジョン・ケージは「キノコ・フリーク」でした。
私は、長岡京市の知人宅で、そこの奥さんが裏の山で採って来たというキノコ汁・山菜汁をふるまわれ、中毒で病院に運ばれたことがあります。そうした悪さをしないシイタケ君は、本当にエライ奴です。
Commented by electric-prophet at 2005-07-08 13:22
唯美主義者さん
きのこで病院に運ばれたひとハッケーーーーン!!!
身近で初めてかも!すごい!ほんまに中毒って危険なんや!
職場の友だちはしいたけ大嫌いで
「笠の裏があかん」と言ってました
「胞子で増えやがって!」とも
そんなんどっちもきのこに共通することヤン


*青*

Commented by beloved365 at 2005-07-08 14:12
いいねぇ・・・・愉快で素敵なきのこの思い出!
3000円分のきのこ食べたい・・・・。
秋がやって来るまでに、おすすめ簡単きのこ鍋のレシピをブログに載せよう。ぜひキノコ好きにはぜひ試して欲しいです。
でも確かに、キノコ嫌いには傘裏のヒダを挙げる方多し。笑
Commented by drawn_game at 2005-07-08 15:40
江国香織風にいうと
「この話は私の気に入りの話で」この話大好き。
すきすき。
すきすき、よ。

また薄れたころにリクエストするわ。

あと、唯美主義者様は
私が「長岡京市」出身のお嬢様だって、ことご存知なのかしら。
Commented by are-f at 2005-07-09 01:01
ははは、しいたけと言えば、以前うちの頂き物をお父さんにおすそ分けしたことがあります
あの大量のしいたけは完食されたのでしょうか
有絵
Commented by electric-prophet at 2005-07-09 01:33
365さん
載せてください、パクリますから!
キノコ嫌いの理由のヒダは、あんなもん味と関係無いですやん
こじつけ、こじつけ!!
刻んだら一緒!!
と、どこまでしいたけに熱くなるねん、と


*青*

Commented by electric-prophet at 2005-07-09 01:36
どろんじょさま
そーなん、長岡京市なの!
何か微妙な長さの名前の市やでな


薄れたらリクエストしてください
江国香織風味に
アップした当初、きみが面白がってくれたので
どこに載せたのかよく覚えているのであった

*青*

Commented by electric-prophet at 2005-07-09 01:39
有絵
そういえばそうやった!!

「いっぱいしいたけくれた」ゆうてた
ほんで、ウケたんやった
完食してたはず!

*青*

Commented by vladivost0k at 2005-07-09 09:13
こんばんは。
何を隠そう、この世の中で一番嫌いなモノ、それはシイタケ。
こうやって書くのもムキーっとなるくらいです。
まずはじめに、あの配色が気にくわない。
そしてあの形。造形。
あの感触。
胞子。
ひょろっとぶり。
あんなものが好きな方の気が知れません。
思い出しただけでトリハダが立ちます。
幸いなことに、歴代の彼女はシイタケ好きな方が多く、
いつも食べて貰ってます。
世の中上手いことバランスとれているんだな。
と、いつも思います。
Commented by electric-prophet at 2005-07-09 23:31
あう!にいちゃん!こちらではお久しぶりです
しいたけ嫌いだなんて、お子ちゃまな・・・・笑
奴を高野豆腐と煮染めた日にゃあ、思わず
「おばあちゃーーーん!」と叫びたくなります
叫ばなくてもおばあちゃんは部屋にいますが

刻んじゃえば良いんですよ
「はい、あげる」
「んもおーしょうがないなあ」
という彼女さんとのやりとりが楽しいから、という理由も
ちょっと見え隠れしますが

(うちでは有り得ぬシーンです)

*青*

by electric-prophet | 2005-07-08 12:44 | 日々好日 | Trackback | Comments(10)

______________


by electric-prophet
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ASPアクセス解析