夜はすこし怖い。


b0016168_21551045.jpg




夜の太陽の塔
ちょっとこわいね




昨夜遅く、相方さんがお腹減ったと言いに来た


夕食は外食だったのでもう家では食べないが
コンビニでアイスとお菓子を買って帰りたい、と言った
じゃあ買っていくか、と購入後
ほんの少し化粧品屋に付き合ってくれないか、と頼んだら
アイスが溶けるし面倒臭いとごねるので、先に自転車で家に帰らせた
高城は化粧下地を買った後、すぐに歩いて帰った

相方さんが電車の中でムスッとしていたため気になっていたが
帰宅後様子を見るとぼんやり横になっており、しばらくして
ポテトのお菓子2袋と練乳のかき氷を2つ食べていた
ゴロゴロしている間にいつもの様子に戻っている

彼は機嫌がコロコロ変わるので一緒にいるとヒヤヒヤするが
まあ大丈夫そうだしよかった、と別々の部屋でテレビを見た
高城がウルフルズのライブを観ていたからだ
ライブを真剣に観ていたのが面白くないのか、
しばらくちょっかいをかけに来たりしていたが
その後はお菓子を食べながらおとなしくテレビを見ていた

23時を過ぎた頃、戸を開けて「腹減った」と訴えてきた
予想はしていたものの、何も作っていないので
パンでも食べるかと聞く
高城は翌朝のお弁当用にお米を研ごうとしていて、
テレビをかけながら洗いものをしていた
相方さんはパンが嫌なのかむっつり黙って諦めて
メガネを外して寝室に入ったが
しばらくしてまた戸棚を開けにくる

これは、、、完全に機嫌が悪そうだ

パンは嫌なのか、何が食べたいのかと聞くと、
パンだけ食ってもなあ、、ちゃんとしたものが食べたい
と言う
やれやれ、と夜遅くに高速で炊飯器がごはんを炊き出す
葱入りのだし巻とベーコン、胡瓜を切って納豆をちゃぶ台に出した
メニューはそのまんま朝ごはんだが仕方がない
出来たら呼んで、といつものように呼ぶまで寝ている
喧嘩するのも疲れるので、ごはんが炊けてすぐに彼を呼んだ

打って変わって機嫌よく食べ、2度おかわりをする

あなたね、わがままが過ぎるよ、と言うと
ごめんとサラリ言っていた
でも多分何とも思っていない


背中でトータスの歌声を聴きながらだし巻を作っていた
まあどこの夫婦もこんなもんかもな、と
見たこともないトータスの奥さまを想像した
by electric-prophet | 2006-08-28 21:55 | 日々好日 | Comments(0)

______________


by electric-prophet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ASPアクセス解析